奥日光・湯の湖スケッチ旅行


nikko-01.jpg
「一日目」晴れ 
7月12(土)~13日(日)、一泊二日で奥日光・湯の湖へスケッチ旅行に行きました。今年度は本科昼コースの生徒が企画し、先生や他コース生徒にも呼びかけをした結果21名が参加しました。

池袋に集合し、宿の送迎バスで8:00出発、首都高速―東北自動車道―日光宇都宮街道―奥日光湯本温泉・おおるり山荘12:40着 の予定でしたが、ガソリン高騰の影響か道路が空いていたので、11:00頃現地に到着することが出来ました。バスは貸し切りだったので、企画団長さんの添乗員顔負けの行程説明を聴いたり、自己紹介ゲームをしたりすることが出来、初参加・初対面の人もうち解け、山荘に着くまでに車内はすっかり和やかな雰囲気になっていました。山荘は湯の湖に面し、各部屋の造りはシンプルでしたが清潔で、部屋からの眺めもなかなかのものでした。湖面にはボートが浮かび、釣りをしている姿もあり、のどかな印象でした。早く着いたお陰で、私たちは湯の湖散策(温泉のおまけつき)や、たっぷり時間をかけてスケッチをすることが出来ました。そして17:30からの大広間での夕食は、ステージ上で歌ったり踊ったりする人が出る程盛り上がり、楽しく過ごしました。

nikko-02.jpg nikko-03.jpg nikko-04.jpg
おおるり山荘と送迎バス 山荘前の風景 スケッチ中

 夕食後、温泉で身も心もリフレッシュした後、全員のスケッチを一室に持ち寄り、20:00~23:00まで合評会を行いました。全作品を順番に一点ずつ、丁寧に見ながら講評し合い、アルコール付きでしたが、まじめで充実した合評会となりました。

nikko-05.jpg nikko-06.jpg nikko-07.jpg
nikko-08.jpg nikko-09.jpg
合評会の様子

「二日目」晴れ

 大広間で朝食8:00~、和食 
 おおるり山荘12:00発―日光東照宮前の麺亭「表参道」 で昼食―・・・―池袋15:30頃着

 朝風呂に入ってから朝食をとり、出発までかなり時間があったので、散歩やスケッチなどそれぞれ自由に過ごしました。 なかには早起きしてスケッチした人もいたようです。山荘を送迎バスで予定通りに出発し、中禅寺湖を眼下に見ながらいろは坂を下って、麺亭「表参道」 に立ち寄り、おいしい湯葉そばやかき揚げうどんを食べました。帰路の車中では、一人ずつ午前中のスケッチの成果を見せたり、旅の感想などを述べ合いました。 信じられない程格安でしたが、中身の濃い、とても豊かな旅でした。 

 

nikko-10.jpg nikko-11.jpg nikko-12.jpg
旅館内 帰りの車中で

スケッチ旅行の感想

午前2日コース 山口 千恵

 初夏の奥日光は、湖畔の水面がゆらめき、白樺林をチョウが舞い、青や緑の山並みが重なり、何もかも光り輝いていました。21名の参加者は大自然の中に溶け込んでどこにいるのかと思いましたが、夜の合評会で数々の風景画に対面することができました。熱い想いが表現された作品に圧倒され刺激を受けました。
 青年から中高年まで交流できるのも民美ならではですが、中でも重い画材を軽々と担いで、精力的に写生画に取り組んでおられた、午前2日の谷さん(75歳になられたとか)が印象的でした。帰りのバスの中で「これからも、いい絵を描いていきたい」と話されて、何とも若々しく素敵なこと。
 イオウ温泉にものんびり浸かって本当にいいスケッチの旅でした。実行委員の皆さん有り難うございました。

夜2日コース  三浦 裕美

 参加された方皆さんそうだと思いますが、(佐藤先生なんか2日目の朝方急いで帰られたほどお忙しい中でのご参加でしたしね)私も正直スケジュールのきつい中をぬうようにして出かけたスケッチ旅行でした。今回、時間もないしあるいは見送ろうとも思っていましたが、やはり行かなければわからないことがたくさんあるのだと行ってみて実感しました。
 東京では夏日だった2日間が、奥日光の山の上では半袖が涼しすぎるほどの澄んだ空気をしていたり、湖のちょっと特別な静けさだったり、湖面に反射した新緑と空の青の移ろう色が、全て行かなければわからなかったことだったのです。そんなものの中にすっぽり身を置いていると、自分にとっての大事なものとそうでないものが、素直に整理されて、頭の中がどんどんシンプルになっていくような気がしました。本当に想像以上に気持ちのいい旅ができたと思います。この旅行を計画し実行してくださった本科昼の皆様ありがとうございました。

日本画コース 岡田 鏑木

 お天気に恵まれ、緑も水もきれいで、都内は猛暑だと云うのに、さわやかな高地の涼しい空気の中で過ごせた2日間でした。初めての参加でしたが、委員の方が事前に実踏して下さり、view pointなど参考になりました。そうは云っても、心あせれど、思うように描く筆はすすまずでした。お二人の先生を交えての夜の良いところ見つけの合評会も心残るものでした。お若い方々の工夫ある描写と豊かな感性を感じさせる絵の数々は新鮮でした。老いも若きも共に絵を介して楽しむことが出来るのも民美ならではと思います。楽しい2日間を有り難うございました。幹事さん、先生方ご苦労様でした。

三浦海岸スケッチ旅行

5月5・6日、本科夜クラス生徒の自主企画によるスケッチ旅行を行ないました。
他のクラスの生徒や先生にも呼びかけをし、21名が参加しました。
品川から一時間余り電車にのると、三浦海岸駅へ到着します。そこから民宿のバスに乗って10分ぐらいで間口港に到着です。

070530_01.jpg 070530_02.jpg 075030_03.jpg
間口港 畑を越えて海岸へ

写生地はかなり広範囲で、大きくは4パターンぐらいありました。
三浦台地の畑をメインに海の見える風景や、間口漁港の船や建物、間口漁港~江奈湾までの芸術的な岩場と海、江奈湾の干潟、etc….
各自で描きたい場所に移動し、スケッチ旅行初日はスタートしました。

070530_04.jpg 070530_05.jpg 070530_06.jpg
三浦海岸 江奈湾の干潟

全ての写生地は見ておきたかったので、午前中は海岸沿いを歩きました。ちょっとした冒険気分で岩場を歩いているとフナ虫の大群!めげずにゆっくり風景を見ながら、1時間ぐらい岩場を歩き、江奈湾の干潟に到着。一見ただの泥?に見えた干潟ですが、野鳥がたくさんいて、誘われるようにスケッチをしてみると、波打つ水面の形が美しかったり意外な発見がありました。来た道を戻りながら、岩場と海を描いたり、船や建物がカラフルでおもしろい場所を描いたりしました。想像していたよりも外で描くということは大変でした。

スケッチが終わった後は、集合場所で夕日を見る予定でしたが、当日はくもりで風も強かったので民宿のバスを待ちきれずに、車で参加した先生が民宿の親父のように順番にみんなを送迎してくれました。

民宿へ到着後は、地元のおいしい魚料理をたっぷり食べました。夕食後はいよいよ合評会です。生徒も先生も一人ずつ自己紹介をしながら、作品を発表しました。モチーフの捕らえ方スケッチの方法など、とても参考になり、みんな熱心に聞いていました。順番に発表が終わると、そのまま座談会に突入!「芸術は爆発だ!論」で大いに盛り上がりました。

070530_07.jpg 070530_08.jpg
合評会&座談会 逗子駅

翌日はあいにくの雨で、予定を変更し、葉山の神奈川県立近代美術館で「佐伯祐三と佐野繁次郎展」を観覧しました。お昼は逗子のおいしいイタリア料理店で、「次回はどこにスケッチに行こうか」など楽しい話題をしながらランチを食べ、逗子駅で解散しました。

本科夜 新谷香織

たいへん楽しいスケッチ旅行でした。夜の交流会では、はしゃぎ過ぎ、すこし反省しております。海の見える丘や畑にあこがれていましたので、バスを降りると迷わず丘の畑のほうへ登って行きました。あいにく天気はくもりで畑はすいかのビニールでおおわれていましたが、画面に農作業している人を入れようと思ったので、草取りをしている婦人やくわを持っている人、耕運機で畑を耕している人をクロッーキーしましたが、むずかしくて描けませんでした。昼過ぎには、農作業をしている人たちは上がってしまいました。
強い風が吹いてきたので、10号のキャンバスを作業場の鉄筋に結びつけてのスケッチです。
足元に置いた絵の具は、砂ぼこりで埋もれてしまいました。
古澤先生が通りがかり、風の強い日にスケッチをしたゴッホのエピソードをもじって、「ゴッホの心境ですね!」と笑い話をしました。それでも粘って自分なりに満足する絵を描くことが出来ました。

本科夜 進藤晋一

間口港周辺はどこも絵にしたくなるような場所ばかりで、描くモチーフを探して歩くだけでも楽しかったです。二日目が雨だったことは残念でしたが、そのおかげで美術館もいけましたし、夜の合評会ではいろいろなお話を聞くことができて、いい経験をさせてもらいました。ありがとうございました。皆さんでスケッチする機会はなかなかないので、またこんな企画がありましたら参加したいです。

本科昼  樊 晨

各自がスケッチの場所、描きたいものを選び、描く姿勢に目からウロコであった。
夕食の新藤さんの司会で絵を見せあったこと、先生方をはじめみんなの話が楽しかった。
幹事さん、お世話になりました。

人体A 福山 保子